AGA治療や薄毛治療で毛根悩み知らず【HAPPY発毛自信回復】

男性

女性の薄毛

女性特有の薄毛の悩み

女性

男性だけでなく薄毛に悩んでいる女性の数は、年々増え続けています。女性特有の薄毛の原因として、出産後に引き起こされる脱毛症があります。産後脱毛ともいわれています。妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発で抜け毛の本数自体が少ないのですが、出産後には妊娠中に過剰に分泌していた女性ホルモンをもとの状態に急激に戻そうとはたらくために抜け毛の量が増えてしまうのです。出産経験した女性であれば誰しも経験することなのですが半年から1年程度経過すれば元に戻ります。それでも抜けが止まらないのであれば内科美容クリニックで診察してもらうことです。ホルモンチェックをしてもらい、バランスが悪ければプラセンタ等を処方してもらい薄毛治療をしていきます。

ホルモンバランスの乱れから

AGA(男性型脱毛症)は、男性特有の薄毛が進行してくる症状になります。男性特有の症状なのですが、女性の方でもAGAになる方が増えているのです。特に更年期以降の女性です。更年期に差し掛かった女性は、女性ホルモンの分泌量が若い時よりも少なくなってきます。そのため相対的に男性ホルモンのほうが分泌量が多くなってきます。男性ホルモンはジヒトアルデヒドを生成して、このジヒトアルデヒドが抜け毛の原因となります。ただ、美容クリニックに行くとホルモンを増やす治療をするというよりは、発毛や抜け毛の進行防止に効く薬を処方してもらっての薄毛治療になります。最近では、女性の方でも使用できる内服薬がありますので、それで治療をすることができます。